小顔整形、エラ削りについて知っておくべき事

エラ削りは小顔整形の一つです。ですので、手術をする事で、顔の輪郭をスッキリさせることが出来ます。顔が大きくて悩んでいる人は、是非おすすめ致します。ですが、一体どのような手術方法があるのでしょうか。エラ削りの施術方法は、一般的に口の内側を切開して、えらの骨を削り取る施術になります。ですので、一見大がかりな手術に見えますが、見えるところに傷はつきませんので、外から見たら全く整形したは気付かれないでしょう。また、口の中は再生能力が高い為に、時間が経過する事で傷跡も目立たなくなります。ですので、最初の内は大変ですが、時間が経つとともに傷口も目立たず、口の中もキレイになりますので、大変おすすめです。顔が大きくてどうしても悩んでいるという人は、是非一度カウンセリングを受ける事をおすすめ致します。ですが、エラ削りはリスクもありますので、きちんと先生の話を聞くようにして下さいね。

エラ削りの整形手術の方法とは

小顔整形の一つであるえら削りは、口の中を切開して骨を削る手術になります。ですので、施術前には細かくどういった手術内容なのかというのを、医師に確認するようにして下さい。では、具体的にはどのような手術方法なのでしょうか。エラ削りは、口の中を切開してえらの骨を削る手術です。ですが、えらが張っていると一言で言いましても、奥行きがありますので、個人差があります。えらのラインが張っているタイプや、横に広いタイプ、そして、正面から見た時のライン全体が張っているタイプなど様々ですので、それらのタイプに合わせて、顔のバランスを整えるように施術を行いますので、人によって施術の時間が異なってくる可能性があるという事を覚えておきましょう。エラ削りは、口の中を切開する手術になりますので、必ず施術前にカウンセリングを受けるようにしましょう。

エラ削りの整形手術で気を付けたい事

エラ削りの小顔整形手術は、口の中を切開して骨を削る手術になります。ですので、思った以上に身体への負担が大きい事から、技術力のある医師を上手に選ばなくてはいけません。そんなエラ削りの、手術後のダウンタイムはどんな感じなのでしょうか。ダウンタイムは、大きな腫れがひくまで長くても1ヶ月程度は掛かってしまいます、どれだけ早い人でも、2週間は掛かりますので、施術を受ける際にはスケジュール調整をしっかりと行わなくてはいけません。特に、下膨れの様な腫れが起こってしまいますので、きちんと対策を打てるようにしておきましょう。また、術後3日間はバンテージや包帯を使って圧迫固定を行います。その際には、病院から処方される鎮痛剤を服用したり、顔が熱を持ってしまったら保冷剤を使ってきちんと冷やして、痛みのコントロールをする必要があります。腫れが引くまでは、会社などは休むようにしましょう。